PR

忘れてたPHPのバージョン確認、できれば定期的にチェックしたいもの

ブログ運営

2024年6月、このブログのサーバーとして使っているエックスサーバーの最新ニュースで「PHP 8.3 導入のお知らせ」がきていました。

エックスサーバーで使用しているPHPのバージョンは、基本「推奨バージョン」としていますが、そういえば久しくバージョンの確認をしていなかったことを思い出しました。

「PHPとは何か?」や「PHPとWordPressとの関係は?」と聞かれてもよく分かりませんし、調べるのも面倒で先送りしていたのですが、これを機会にWordPressとPHPとの関係やPHPのバージョン管理について、以下の項目で説明しました。

WordPressとPHPとの関係

このブログは、エックスサーバーでWordPressとテーマCocoonを使っています。

WordPressそのものは、PHPとMySQLが使われていて、PHPが開発言語、MySQLはデータベースです。

私の場合は、

  • エックスサーバーでWordPressとCocoonをインストール
  • Cocoonのテーマを選んで、このブログを作成

していますが、CSSを多少いじることはあっても、PHPを意識することはありません。

このため、PHPのバージョン管理についてはすっかり忘れていましたが、

2024年6月、エックスサーバーの最新ニュース「PHP 8.3 導入のお知らせ」がきたので、PHPのバージョンを確認しました。

エックスサーバーでのPHP設定

使用しているエックスサーバーのPHPのバージョンをサーバーパネルで確認してみると、「PHP.*」でした。

ちなみに、エックスサーバーのマニュアルでは、

PHP 5.5.x~PHP 8.0.xは、

  • 旧バージョンです。今後バージョンアップの予定はないため新規での利用は推奨しません

となっていました。

はかせ
はかせ

確認したところ、PHP 7.*にはしていたのですが、「新規での利用は推奨しません」のバージョンのままでした。

PHPのバージョンはどれを使う?

私は、PHPのバージョンは、エックスサーバーのPHPの設定画面で「推奨バージョン」となっているものを使っています。

2024年6月22日現在、エックスサーバーのサーバーパネルでは、

WordPress推奨バージョン:PHP 8.1.22(推奨)

となっています。

PHPのバージョン管理をどうするか

WordPressのバージョンは、日頃から意識していますが、さすがにPHPのバージョンまでは意識していませんでした。

はかせ
はかせ

WordPressは、ブログ記事を毎週投稿しているので、自分で意識していなくても分かるのでよいのですが。

次のようにすれば、よさそうです。

WordPressのバージョンアップがあった時には、PHPのバージョンを確認する

実際には、エックスサーバーのサーバーパネルで使用できるPHPのバージョンを確認することになり、忘れがちです。

今回、ブログ記事にまとめたので、ブログ管理者としての意識づけにはなったかなと思います。

参考:PHP最新バージョン

2024年6月22日現在、エックスサーバーのPHP最新バージョンは、

PHP 8.3.7とPHP 8.2.9

となっています。

以下は、エックスサーバーのマニュアルのPHPのバージョンについてのリンクです。

PHPのバージョンについて | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーでご利用可能なPHPのバージョンについてや、管理ツール上からPHPバージョンを切り替える方法についてご案内しています。

まとめ

2024年6月、このブログのサーバーとして使っているエックスサーバーの最新ニュースで「PHP 8.3 導入のお知らせ」がきていました。

エックスサーバーで使用しているPHPのバージョンは、基本「推奨バージョン」としていますが、そういえば久しくバージョンの確認をしていなかったことを思い出しました。

「PHPとは何か?」や「PHPとWordPressとの関係は?」と聞かれてもよく分かりませんし、調べるのも面倒で先送りしていたのですが、これを機会にWordPressとPHPとの関係やPHPのバージョン管理について、以下の項目で説明しました。

  • WordPressとPHPとの関係
  • エックスサーバーでのPHP設定
    • PHPのバージョンはどれを使う?
    • PHPのバージョン管理をどうするか
    • 参考:PHP最新バージョン
タイトルとURLをコピーしました